女性

ほくろ除去の相談が楽【施術してみると跡形もなく綺麗】

  1. ホーム
  2. 除去する費用と手術跡

除去する費用と手術跡

鏡を見る人

保険診療の可否で変わる

ほくろ除去は、基本的に美容外科や美容皮膚科で診察できるところがほとんどですが、それ以外にも通常の皮膚科で受けられる場合もあります。保険診療として治療を受けられるのは皮膚科で、皮膚がんの恐れがあると懸念された場合には、早めに治療をと勧められることが少なくありません。保険診療の場合には平均3割で受診が可能となる為、平均数万円かかる治療が数千円で済みますので、保険診療が可能かどうか確認してから受診しましょう。なお、場所や大きさによってメスで深い所まで切開治療をしなければならない為、気になる場合はカウンセリングで申告して下さい。ほくろ除去費用は大きさと膨らみ具合によっても決まりますが、HPに前もって料金を書いているところが少なくないため、事前に確認してから診療を受けましょう。カウンセリング時に血液検査を受けて異常がない人のみが治療可能ですが、この時に具体的な費用を確認すると、納得できる治療ができるかどうか判断できます。納得できない場合、複数の医療機関にカウンセリングに出かけることで、はっきりとした料金がわかって比較しやすいでしょう。ただし、多忙で平日に出かけにくい人も少なくありませんので、インターネットである程度概略の見積もりをもらうことも考えて行動することをおすすめします。医療機関に通う回数は、平均的に3回程度といわれており、初診でカウンセリングと血液検査、2回目で手術やレーザー、3回目で経過観察です。それほど多くないといわれており、有給を使わず治療を受けられる為、仕事が終わってからレーザーを受けられる場合も少なくないといいます。ほくろを手術やレーザーで取ると、皮膚に跡が残りますが、日数が経過すれば自然に治るといわれることが大半です。年代によって大まかに異なる為、どの程度の日数で治るのか、正確に把握してから治療を受けたいという人は少なくありません。結論から言うと、若年層のほうが完治は早く、年代が上がるにつれて治るまでにかかる時間は長くなるでしょう。一般論だけでなく、実際の経験者たちからの感想を踏まえて確認した結果、受けた人が若ければ若いほど早く治り、年代が上がるにつれ完治が遅くなります。また、ほくろの状態や症状によっても異なる事や、根の深いほくろだった場合は再治療が必要となる為、更に時間がかかるでしょう。大きければ大きいほどもとの皮膚に戻るまでに時間がかかるため、最長でも半年程度傷がわかってしまうといいます。もちろん小さなほくろであれば、ほくろ除去してから数週間であとも残らずきれいな皮膚となる可能性が高いでしょう。なお、再発する場合にはいったんとった部分に再度レーザーを当てることが多いため、跡が長期的に残る可能性が多いといいます。レーザーによって生じる赤みは2ヶ月から3ヶ月ほどで消えますが、赤みが消えてから傷跡が完全に消えるまでに時間がかかるからです。なお、外科手術によるほくろ除去の場合には、手術跡が消えるまで1年近くかかる場合もある為、完全に消えるまで時間が長くかかるでしょう。完全にきれいにするまで時間はかかりますが、きれいになった後は見違えるほど顔の印象が明るくなるとして、受けた人から好評です。