女性

ほくろ除去の相談が楽【施術してみると跡形もなく綺麗】

  1. ホーム
  2. 気になる部分も改善出来る

気になる部分も改善出来る

カウンセリング

施術方法の違いによる効果

ほくろの数や大きさは人それぞれですが、中にはそんなほくろがコンプレックスとなってしまう場合があります。特に目立つ場所にほくろがある場合、そのことを他の人から指摘されたり、嫌な経験をしたりしてしまう場合もあるでしょう。そこで役立つのがほくろ除去施術です。ほくろ除去の方法は各クリニックでそれぞれ異なりますが、気になる部分を取り除くことで、きれいな肌をつくることが出来、悩みを解消することが出来るかもしれません。施術の方法としては電気分解法や切縫法、レーザーによる除去法があります。どんな施術が合っているかは大きさや出来ている範囲などにより異なるので、まずはクリニックで相談してみましょう。また、大きさは数によっても合う施術と合わない施術があるので、何か分からないことがあればドクターに色々相談しながら決めていくことが大切です。元々、なぜこのほくろが出来てしまうのかというと、色素細胞であるメラノサイトがメラニンをつくっていますが、肌のターンオーバーの乱れなど、何らかの理由で上手くメラニンが排出されないと出来てしまう場合があります。その他にも皮膚の摩擦や紫外線による影響など、様々なことが原因で肌に出来てしまうでしょう。クリニックでは大きなほくろや小さなほくろに対応した様々なほくろ除去法で悩みを解決してくれます。肌をきれいにすることで自分の肌に自信を取り戻すことも出来るでしょう。気になるほくろを放置していると、肌がこすれて傷付けてしまったり摩擦により余計大きくなってしまったりする場合もあるので、気になる場合は出来るだけ早く相談しましょう。では実際にクリニックでほくろ除去を受ける際はどの様な施術の方法があるのでしょうか。方法にはいくつかありますが、代表的なものでは炭酸ガスレーザーによる施術やメスを使用した切除法、液体窒素を使用した冷凍凝固法などがあります。炭酸ガスレーザーはレーザーを患部にあてることでほくろの組織自体を蒸散しほくろ除去する方法です。炭酸ガスレーザーの施術は治りが早く傷跡も目立ちにくくなっています。メスを使用した切除法ではほくろの周りの皮膚から取り除き、患部を縫い合わせていきます。傷口が目立ちにくい様にしわに沿って縫うなど工夫をしていきますが、1週間から2週間後に抜糸を行います。冷凍凝固法では液体窒素を使用してほくろ除去をしていく方法です。患部を凍結させて取り除いていく方法ですが、一度で取り除くことが出来ない場合は何度か繰り返し施術を行うことでしっかりきれいな肌をつくっていきます。この様にほくろ除去の方法には色々ありますが、ほくろの大きさや数によっても施術が異なります。ほくろ除去した患部は徐々に肌が元通りになっていきますが、多少跡が残ってしまう場合もあるでしょう。しかし、その場合でもそれ程目立つ気にならない程度になります。施術をする際は麻酔など行い施術を行うので施術中の痛みを軽減することが出来るでしょう。気になるほくろをそのままにしていると、それがどんどん強いコンプレックスとなってしまう場合もあります。それが原因で人と会う事さえ苦手に感じてしまったり、生活にも支障が出てしまったりする場合もあるので、その際はクリニックを利用しましょう