女性

ほくろ除去の相談が楽【施術してみると跡形もなく綺麗】

  1. ホーム
  2. 短時間で施術が完了

短時間で施術が完了

看護師

自分に合った方法が選べる

ほくろは多かれ少なかれ誰にでもできるものです。しかし部位や大きさによって、気になってしまう場合もあります。そうした時にはクリニックを始めとする専門機関での除去を検討してみると良いでしょう。そうしたところであれば大きさや数、凹凸の有無を確認してもらった上で、最適な方法を選択することができるからです。ほくろを除去する方法は主に三種類に分かれます。まずはレーザーを照射する方法です。ほくろ除去の場合は炭酸ガスレーザーが用いられるのが一般的ですが、施設によってはメラニン色素のみを選択的に破壊するQスイッチルビーレーザー法を使ったり、状態に応じて数種類のレーザーを使い分けたりするケースもあります。照射時の痛みはごく軽度ですので、基本的に麻酔の必要はありません。施術後しばらくは保護用のテープを貼る必要がありますが、皮膚と同色ですのでほとんど目立ちません。多くの場合テープの上からであれば、ダウンタイム中でもメイクが可能です。次はサージトロンと呼ばれる高周波メスを用いて、ほくろを焼灼する方法です。高周波メスは熱変性が低いという特徴を持つため、周囲組織にダメージを与える心配はほとんどありません。局所麻酔を用いるため、痛みを気にすることなくリラックスした状態で施術に臨めます。最後は切除法、もしくは切縫法を呼ばれる方法です。大きさにもよりますが、除去後は患部を縫合するのが一般的です。凹凸もしくは一定以上の大きさがあるものに対しては、この方法を選択するケースが多くなっています。こちらも前述した方法と同様に局所麻酔を用いて施術を行います。多くの方がほくろの除去を行っている理由はいくつかあります。まずは手軽であること。大きさや数にもよりますが、小さいものであれば一度の施術で全てを取りきることが可能です。ほくろが大きかったり、根が深かったりして施術が複数回に及ぶという場合でも、一回当たりの施術は数分から数十分程度で終了します。またほとんどの施設では予約制を導入しているため、施術前に長時間待たせることもありません。何かと多忙な現代人にとって、短時間で済ませられるというのは大きなメリットと言えるでしょう。実際の施術前にアドバイスが受けられるのもメリットです。前述した三つの方法はどれが優れているというものではありません。状態や要望に応じて、最適な方法も変わってきます。そこで各施設では、訪れた方全てが納得の行く仕上がりを得られるようカウンセリングの時間を設けています。これは当日施術可能なところでも同様です。カウンセリングを通じて予めおすすめの方法を提案してもらうことにより、ほくろの除去が初めてという方でも迷うことなく自分に合った方法を選べます。施術後の患部の反応や、アフターケアとしてすべきことなども事前に教えてもらえるので、ダウンタイム中も不安なく過ごせます。また適切な麻酔の使用やリラックスできる環境を整えることにより、痛みが少なくて済むのも利点です。テープでケアした上からメイクを施せば跡もほとんど目立たないなど日常生活に与える影響も最小限なので、時と場合を選ばず除去したい時にすぐ施術が受けられます。